人間の体が出す臭いニオイ

人間の体が出すニオイは、大きく分けて加齢臭、汗の臭い、足の臭い、頭の臭い、口臭、ミドル脂臭の6つがあります。

 

 

加齢臭

年齢を重ねると「ノネナール」という物質が増えることで、汗や皮脂のニオイと混ざってロウソクや古本のような中高年特有の体臭と感じさせるようになります。

 

 

汗の臭い

汗には、水分が99%を占める良い汗と、塩分などのミネラル分が濃くなっている悪い汗があり、この悪い汗にいろいろなものが混ざり合うことで、臭いニオイが発生するようになります。

 

特に「わきが」として知られているニオイの正体は、ワキに集中している「アポクリン汗腺」という汗腺から分泌される汗が原因です。この汗が皮膚上で皮脂や、通常の汗を分泌する「エクリン汗腺」から分泌された汗と混じり、さらにこれらが皮膚や脇毛の常在細菌に分解されることで、鉛筆の芯のようなニオイや納豆のようなニオイといった特有な臭いニオイを発生します。

 

 

足の臭い

足の臭い、特に足の裏のニオイは足裏の角質がはがれ落ちた時に、それを栄養分とする皮膚常在菌などが増殖して、汗に含まれる成分である尿素やアンモニアと反応することによって発生するようになります。

 

 

頭の臭い

頭皮の角質が古くなるとフケとしてはがれ落ち、これを栄養分とする細菌が増殖して、頭にかいた汗の成分と混じり合うことで、臭いニオイが発生します。

 

 

口臭

口の中に居る「嫌気性菌」という種類の細菌が、タンパク質やアミノ酸を分解することで「揮発性硫黄化合物(VSC)」という物質を作り、これが口臭の主な原因物質となります。

 

 

ミドル脂臭

加齢臭とは異なって、30〜40代の比較的若い世代の男性の方に発生しやすいニオイです。20代から続く汗の臭いと加齢臭の狭間の年齢のため、あらゆるニオイが掛け合わされることによって発生します。
このミドル脂臭の主たる原因となるジアセチルは、汗に含まれる乳酸が、頭皮に常在しているブドウ球菌によって分解されることによって生成し、“くさった生ゴミのようなニオイ”という女性に最も敬遠されるニオイとなります。